佐戸ブロ

34歳。独身生活が暇ではじめたブログ。

最近、個人的に感動したyoutube【瀬戸弘司さん・石井正則さん/トーマスガジェマガさん】

f:id:sato_blo:20200920174452p:plain

最近、個人的に感動したyoutube

今日はいつものようなブログ(?)ではなく、個人的に偶然触れることができたyoutubeチャンネルの話をする。youtubeは良くも悪くも閲覧数が全てだから、配信者個人の思想寄りというよりは、レビューやネタ、イベント系コンテンツの方がわかりやすく映える印象がある。

でも、そんななか稀に心をくすぐる動画に偶然遭遇することがある。

 

万人受けはわからない。けど今の私には響いた。

今回は、そんな完全主観の動画紹介です。

 

 

瀬戸弘司さんと石井正則さんのドラマティック対談


【ドラマティック対談】瀬戸弘司×石井正則 前編「YouTubeを楽しみ続けるために」

⇒◉後編はこちら

◉動画の見所(佐戸主観)

※はじめに、この動画は多分、瀬戸さんと石井さんを知らない初見の人でも引き込まれる部分があると思い、今回ピックアップしてみました。

・対談に至る経緯さえもドキュメンタリー

二人の対談に至るまでの経緯については少しややこしい流れがあるのだけど、冒頭に石井さんが軽い説明をしてくれているので詳しくは割愛する。

簡単に説明すると、メジャーyoutuberである瀬戸さんが40歳を目前に、今後の自分のあり方や動画のスタイル、本当の自分とメディアで露出している自分の違和感などと真摯に向き合う姿勢から始まり、それら動画に感化された石井さんがまだ面識のない瀬戸さんにメディアを通じて共感を送ることから実現した対談。(ちょっと語弊があるかも)

・30〜40代の人に響く内容

芸人であり俳優である石井さんと、youtuberであり元舞台俳優の瀬戸さんによるそれぞれの立場から見てきた人生観と共通点。二人とも、総じて自分の生き様に真面目に向き合ってきたからこそたどり着く葛藤を持っていて、それは視聴者にも通ずる、それなりの人生経験を踏んだ30〜40代の人には共感するような内容になっていると思う。

 

・瀬戸さんの魅力

前から瀬戸弘司さんの動画が好きでよくyoutubeを拝見していたのだが、私が瀬戸さんを好きな理由は根底にある真面目な人間性なんだと思う。それでいて人を楽しませようとするエンタメ性を持ちながら、それに答え続けるには、一人仕事であるyoutuberであるからこその葛藤があるのも理解できる。

メディアを受け取る側は常に言いたい放題できるが、作る側は受け手の何倍も構成を考察する。それが伝わってくるから応援したくなるのだろう。

瀬戸さんの動画を見たことがない方は、何の動画でもいいので一度拝見してみると、その面白さに驚かれると思う。

 

 

瀬戸弘司さん(youtuber)

www.youtube.com

石井正則さん(元アリtoキリギリス/俳優)

www.youtube.com

 

 

 

トーマスガジェマガさんの旅動画


【北海道ツーリング編】仕事辞めてバイクで日本一周Part45 45日目中編~北19号天に続く道・世界遺産知床峠【モトブログ旅】

⇒◉仕事辞めて日本一周Part1はこちら

◉人物像

はじめに、トーマスさんは旅系ユーチューバーではない。

トーマスさんの動画は、普段はガジェットと生活改善系のレビューをプレゼン方式で説明するスタイルで、私はたまたま、購入を検討していたスマホを検索した際に知ることができたガジェット系ユーチューバー兼ブロガーである。

www.youtube.com

そんなトーマスさんの面白いところは、ガジェット系youtuberはそんなに胸の内を語らずに淡々と商品説明をする印象があるのに対して、ここぞとばかりに軽快なトークで胸の内を吐きまくるところと圧倒的なプレゼン能力の高さ。全然ガジェットに興味がなくても、ついつい配信を見てしまって新しい情報を得るきっかけにもなる。

 

◉動画の見所(佐戸主観)

・前置き

今回ピックアップした動画は、普段のプレゼンスタイルの動画とは異なる日本一周中の旅動画である。説明が難しいのだが、トーマスさんはガジェット系youtuberでありながら日本一周中でもあり、昨年の9月に一旦日本半周を終え、現在はコロナが終われば後半戦ということで残りの日本半周を待機中のyoutuberである。

・インドア派でありながら実際に行動に移して血肉に変えるスタイル

だが、トーマスさんは自分自身をインドア派と公言していて、動画を撮っていなかったら好き好んで旅なんてしていないし、この旅も諦めていたと言った内容をちょくちょく話している。でも、「それでもやってみたかった」という本音(?)も公言している。この絶妙なニュアンスは、生粋のアウトドア派や、生粋のインドア派には理解が難しい感覚かもしれないが、それ以外の中立した多くの人達には共感しやすい感覚でもあると思う。誰しもが何かをやりたいと思うことは簡単でも、実際に行動に移せるかといったら話が変わってくる。

トーマスさんの魅力は、旅を楽しむ前提というより、やってみたかったことを実際にやってみて、自分自身でその行動から得られた情報を血肉にしてメディアに落とし込む、トーマスさんにしか魅せれない世界で視聴者を楽しませているところにある。

・Part45を選んだ理由

Part45を選んだ理由は特にないのだが、すごく共感した話をしていた回を見失ってしまったので、トーマスさんの旅動画の特徴が全面に出ていたこの回を貼ってみた。

ラジオ感覚でも聴いていられるモトブログなので、時間がある方はPart1から試聴してみることをオススメする。私も自分自身旅生活をしていた時期があったため、その先に思うことなど全編通じて旅に対するスタンスの共感が多かった。

私は旅系のyoutube動画をみることはほとんどないのだが、トーマスさんの動画は旅動画であり「旅」を利用した大々的なドキュメンタリー仕様に仕上がっているので、ひとつのエンターテイメントとしてオススメしたい。

 

トーマスさんのブログ

2week.net

 


  

総括。30代は葛藤が多いが他者のそれに触れる機会が少ない

私自身が30代半ばというある種の岐路にいる年頃の関係か、同世代の葛藤に触れるととても心に響くものがある。

同じ年頃の大半が、結婚や子育てなど、新しい環境にシフトした別種の悩みが多くなる年代でもあるため、人生的なチャレンジをすでに追えた人も多く、そういった意味で他者の精神的な葛藤に触れる機会が少ない。

だからこそ誰かの葛藤は、偶然目撃すると刺激になる。 

今回偶然触れることのできたyoutubeは、そんな葛藤が詰まったドキュメンタリーだった。